障害年金のご相談なら開業15年の当相談室にお任せください!

岐阜障害年金相談室

運営:神谷社会保険労務士事務所
〒501-6228 岐阜県羽島市正木町不破一色392-3名鉄竹鼻線

お電話でのお問合せはこちら
058-392-6741
090-4216-1916
受付時間
08:30~18:00
定休日
日曜・祝日

事例のご紹介

こちらでは実際に担当した案件について事例として掲載いたします。
ご本人様の強い思いを私どもがサポートすることによって、年金受給につながります。

再申請で障害者年金を受給した事例   (うつ病) 

ご相談者さま

お名前:T子さん
お住い:愛知県
ご職業:専業主婦

ご相談内容

出産を契機にうつ状態となり5年以上苦しんでいました。

1年前にご自分で傷病名「うつ病」で請求したが等級に不該当の不支給決定。当事務所にご相談を受けて不支給となった原因を調査しました。

 
ご提案内容

手始めに事務センターに連絡をして診断書を入手。

確認をしたら「日常生活能力の判定」【できる】が3、【おおむねできる】が3 【助言や指導があればできる】が1という判定になっており、この状態では国民年金2級以上の認定は無理であると判断しました。

そこで、ご本人に現症時の「日常生活活動能力」「労働能力」等を確認し、書面にして主治医に診断書の記入を依頼。その結果、こちらのほぼ希望通りの診断書を入手し、再度裁定請求を行いました。

実績・結果

ご本人の年金受け取りへの強い思いと先生のご理解により、適切な診断書を入手できたことと、その内容に沿った申立書を付して請求の結果、事後重症で2級の決定を受けることができました。

ご本人の思いが年金受給につながったものと思います。ありがとうございました。

医師の理解によって診断書を再作成した事例 (精神疾患)

ご相談者さま

お名前:K子さん
お住い:岐阜県
ご職業:主婦

ご相談内容

精神疾患で入院をしていましたが、治療の結果ある程度回復しました。
しかし、日常の生活は多くのことで家族の援助を必要とするような状態でだったので、家族の勧めで障害年金を請求しようと決意。

夫も忙しくかつ請求に自信がないので神谷さんにサポートをお願いしました。適切に対応いただき年金を受け取ることができるようになりました。

少しは気分的に楽になりました。ありがとうございました。

ご提案内容

ご主人が当事務所へ来所されご面談・受託。早速、認定日と現症日の診断書を入手しましたが、認定日時の診断書の内容が実態と異なっていることを発見。

医師に訂正をお願いしましたが、当時の医師は転勤しており現職の医師に面談を断られました。

そこで、カルテの開示請求をして資料を入手。意見書を付けて請求しました。

実績・結果

ご本人の年金受け取りへの強い思いと、先生のご理解により、適切な診断書を入手。
その内容に沿った申立書を付して請求の結果、事後重症で2級の決定を受けることができました。

ご本人の思いが年金受給につながったものと思います。ありがとうございました。

長年、精神疾患で苦るしんんでいた方の請求した事例 (うつ病)

ご相談者さま

お名前:G男さん
お住い:岐阜県
ご職業:無職

ご相談内容

40代の男性。20代で仕事上のストレスでパニック発作が出現する。内科を受診しながらバイト生活をしていた。しかし、30歳ぐらいで体調悪くメンタルクリニックを受診、うつ病の診断を受ける。しばらく通院をしていたが仕事もできず、好転しないので転院を決断する。精神保健福祉手帳の取得を契機に障害年金を請求したいが自分では無理そうである。サポートを願いたい。

ご提案内容

ご自分でも年金事務所で相談されていたようであるが、精神系の年金請求は難しいことが分かったようで依頼されたものでした。ご本人から障害状態等を聞き取り診断書記入依頼書を作成、医師のもとへ同行して診断書の記入を依頼する。入手した診断書内容はほぼ実態に則したものであった。

実績・結果

障害基礎年金の請求をする。結果は2級の決定を受ける。

ご本人の年金受け取りへの強い思いと、先生のご理解により、適切な診断書を入手することができた。

ご本人の思いが年金受給につながったものと思います。ありがとうございました。

ご家族の存在がプラスになった事例 (腎臓疾患)

ご相談者さま

お名前:S子さん
お住い:愛知県
ご職業:主婦

ご相談内容

独身時代に腎臓機能の低下により受診しておりましたが、10年以上前のため当時の病院にはカルテは存在せず、初診証明を入手できない状況で困っていました。

現在は人工透析を受けています。

ご提案内容

10年以上前の初診を証明するのに苦労をしました。
当時、受診の病院へ問い合わせましたが手掛かりはありません。そこで当時の勤め先職場の同僚の証明、母親の家計簿の写しなどを入手。

時間がかかりましたが何とか請求にこぎつけることができました。

実績・結果

提出した資料で初診が認められるか心配しておりましたが、障害厚生年金2級が事後重症で認められました。ご主人、お子様もおられたのも加算された一因です。

ご本人のどうしても年金を受けたいとの思いが年金受給に結びついたものと思います。ありがとうございました。

諦めずに年金請求をした事例 (線維筋痛症)

ご相談者さま

お名前:N子さん
お住い:岐阜県
ご職業:パート主婦

ご相談内容

10年以上前から体調を崩し数箇所の病院を転々としていた。特に身体全体の痛み、握力の低下が顕著であった。最近になり線維筋痛症と告げられた。仕事はほとんどできず日常生活にも多くのことで制約がある。

年金事務所より複数の書類の提出、訂正を求められ自分では諦めかけていた。何とかしたいと思いサポートを依頼した。

ご提案内容

複数の傷病名と受診履歴があり現症時の傷病と関連性のある医療機関を特定、複数枚の受診状況等証明書を入手する。次にすでに入手されていた現症時の診断書の内容が実態を反映していないので本人の申し立てに基づき書面を作成して医師に訂正をお願いする。

申立書に日常生活状態をつぶさに表記して併せて提出する。

実績・結果

難病が対象で難しい案件であり認定されるか心配しておりましたが、障害基礎年金2級が事後重症で認められました。ご本人は仕事ができず経済的に困窮されておりました。

これで療養に専念できるのではないでしょうか。

ご本人の強い思いが年金受給に結びついたものと思います。ありがとうございました。

カルテの開示請求により年金請求をした事例 (統合失調症)

ご相談者さま

お名前:M子さん
お住い:岐阜県
ご職業:パート主婦

ご相談内容

ご本人は主婦で、子供のことで思い悩み不眠、妄想等が出る。A病院で入院を勧められるが、通院治療を行う。しかし、その後再度子供のことで悪化し不眠が強くなり情緒不安定となり、入院を余儀なくされる。退院後、通院そしてB病院に転院する症状は小康状態であったが、日常生活は困難なことが多く、障害年金を請求するためA病院で認定時の診断書、B病院で現症時の診断書を入手する。しかし、A病院の診断書は当時の日常生活能力が反映しておらず軽く書かれておった。

ご提案内容

A病院を訪問、担当医に面談し診断書の訂正をお願いするが応じててもらえず、次善策としてカルテの開示請求をする。関連書類のコピーを添付し申立書に当時の日常生活状態を詳しく表記して併せて提出する。障害基礎年金で請求する。

実績・結果

ご本人と面談したが病気のためか辛そうな感じであった。手続き・連絡にはほとんどご主人が対応され難しい案件であったが思いのほかスムーズに年金請求ができました。

結果、認定日、請求日ともに2級で5年遡及の年金を受けることとなった。

ご本人はまだお若いので療養に専念し、一日も早く快癒されることを祈念いたします。

ご本人、夫のご協力が年金受給に結びついたものと思います。ありがとうございました。

子の行く末を案じてて年金請求をした事例 (発達障害)

ご相談者さま

お名前:T男さん
お住い:岐阜県
ご職業:会社員

ご相談内容

ご本人、中年男性。幼児期から発育遅れがあり対話能力、運動能力は低かった。学力には問題なく、大学を卒業就職する。20年以上継続勤務していたが、コミュニケーショントラブルがあり退職することとなった。医師の診断を受けると「広汎性発達障害」と診断され、診断書の入手を依頼したが適切なものを入手したいということで相談があった。

ご提案内容

ご両親と面談し詳細を聴取、ご本人の委任状を頂く。次に主治医に面談して診断書の記入を依頼する。出来上がった診断書の内容には幼少時からの経緯が詳細に書かれており、厚生年金で請求するには疑問であったがとりあえず請求する。後日、請求窓口より返戻の連絡があり、20歳未満初診の国民年金での再請求を求めらる。その旨依頼者に連絡、国民年金で請求となる。

実績・結果

ご両親の強い年金受給への希望とご協力によりまして、紆余曲折がありましたが20歳前初診の障害基礎年金2級の年金を受けることとなりました。

ご両親の子の行く末を案ずる気持ちが年金受給に反映したものと確信いたします。

今後は、年金を受けながら障害者枠で働くようです。ご本人のご多幸をお祈りいたします。ありがとうございました。

後日、ご丁寧な礼状をいただきありがとうございました。

不支給決定があった年金の再請求をした事例 (てんかん)

ご相談者さま

お名前:Y子さん
お住い:岐阜県
ご職業:パート

ご相談内容

ご本人既婚女性。10代半ばで「てんかん」発作を起こす。その後、2から3カ月に1回発作を起こす。そのためか精神的にも不安定となる。

1回目の請求は自力で行ったが不支給となる。何とか年金を受給したいとのことで当事務所に依頼がある。

 
ご提案内容

ご両親と面談しこれまでの経緯、現在の病状・発作の頻度などと日常生活能力を聴取する。主治医は協力的でありまた、所在地が他県など等を考慮し、聴き取った内容を診断書記入依頼書に表記してご本人から主治医へ手渡していただき診断書の記入を依頼する。

ほどなく診断書が出来上がり内容は満足できるものであった。早速実態を反映した申立書を作成して年金請求をする。

 

実績・結果

お母様の全面的なご協力により3か月ほどで20歳未満国民年金2級が決定された。

この事案も子を案ずる気持ちが年金受給に反映したものと確信いたします。

今後は、年金を受けながらパートナーの理解を得て療養に励んで頂きたいと思います。

ご本人のご多幸をお祈りいたします。ありがとうございました。

職場の同僚の指摘で受診し年金請求をした事例 (感音性難聴)

ご相談者さま

お名前:E子さん
お住い:岐阜県
ご職業:パート

ご相談内容

ご本人は既婚の女性で、幼少期より難聴気味であったが、通常の生活をしていた。成人後、内科性の疾患でステロイドを服用、とともに次第に聴力が衰える。補聴器を使用して仕事はなんとかこなしていたが、聴力がさらに低下する。

知人に障害年金について聞いたら難聴ではもらえないと言われた。納得いかないので何とか年金請求をお願いしたいとのこであった。

ご提案内容

ご本人と病院へ同行し障害年金を請求するため検査を受けると、聴力が左右共100db超であった。早速、診断書を入手して年金請求をする。

実績・結果

20歳未満初診の障害基礎年金1級の事後重症で決定となる。なお、認定日頃の数値は認定基準には非該当であった。

今後も内科性疾患のため服薬を止めることはできず闘病生活は続くようである。大変ですが頑張っていただきたいと存じます。ありがとうございました。
 
追伸 後日の現況届での検査結果数値が低下、相談を受ける。再検査を申し込むように指導、結果従来通りの年金が継続されることとなった。
 

自宅で突然倒れ車いす生活で年金請求をした事例 (脳出血)

ご相談者さま

お名前:T子さん
お住い:岐阜県
ご職業:主婦

ご相談内容

50代女性。自宅で家事作業中に突然倒れる。救急搬送され手当てを受ける。その後リハビリを受けているが、半身に障害が残り車いす生活を余儀なくされている。家族の手助けがないと生活できない。生活も楽でないので年金請求を手助けしてほしい。

ご提案内容

通院されている病院へ同行し日常の生活状況を書面で説明、診断書の記入をお願いする。

間もなく診断書が出来上がりご本人の状況が反映された内容であった。早速、年金請求を行う。

実績・結果

結果は、障害基礎年金の2級の認定を受けることとなった。

厳しい生活が続くものと思われますが、ご自愛いただきたいと存じます。

ありがとうございました。

 

 

60歳代前半で在職中で年金請求をした事例 (先天性股関節症)

ご相談者さま

お名前:M男さん
お住い:岐阜県
ご職業:会社員

ご相談内容

先天性股関節症で10年前位に悪化する。現在勤務中であるがデスクワークのみの勤務である。在職老齢年金は給与が高く全停状態である。障害年金を受けられるようであったら請求したい。サポートを願いたい。

ご提案内容

早速ご本人と面談、障害状態を聞き取り文書にして医師に診断書の発行を依頼する。

できてきた診断書の一部の訂正をお願いしその診断書をもとに障害厚生年金を事後重症で請求する。

実績・結果

結果は3級の決定を受ける。全額停止となっている在職老齢年金を停止して障害厚生年金を選択することとなった。

働きながら年金を受けられることとなりよかったと思います。お体を大切にしてください。ありがとうございました。

 

 

無料相談・お問合せはこちら

お問合せ・ご相談は、お電話またはフォームにて受け付けております。

メールでのお問合せは24時間受け付けておりますので、まずはお気軽にご連絡ください。

受付時間:08:30~18:00
定休日:日曜・祝日

お電話でのお問合せはこちら

058-392-6741

FAXでのお問合せはこちら

058-392-6823

インフォメーション

お問合せ・ご相談
058-392-6741
058-392-6823

お問合せはお電話・メールで受け付けています。
メールでのお問合せは24時間受け付けております。

受付時間/定休日
受付時間

08:30~18:00

定休日

日曜・祝日

アクセス

〒501-6228
岐阜県羽島市正木町不破一色392-3
名鉄竹鼻線 不破一色駅下車
東へ徒歩7分